マビノギ:うんこギルドの恐怖 - スポンサー広告ゲーム日記
FC2ブログ
information
ゲームネタだけのブログです。
FF14の加工SSや創作話はコチラ
検索フォーム
月別アーカイブ
11  08  02  01  12  11  09  08  07  06  05  03  02  01  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  10  05  09  08  07  01  11  10  09  08  07  06  01  12  11  11  10  07  03  02  11  07  06  05  04  08 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マビノギ:うんこギルドの恐怖

※このエントリーは、過去Mixiに掲載した文章の再掲です。

ショボタンを駆ってとなりの大陸の街、ティルコネイルに辿り着いたげる美。
途中の町で初心者用衣服から大陸風の服に着替え、道すがら作っていた料理用麺棒で荷物も一杯。

どう見ても麺棒の行商人です。
本当にありがとうございました。

UltimaOnlineとは違い、商人が買い取り拒否をしたり、買値を下げて叩いてきたりしないのが適度にヌルくて良い。
麺棒を売り払った金で懐が暖かくなったので、勢い余って弓矢とダガーを購入。
マビノギではスキルやサポ忍などを必要とせず、二刀流が可能です。
あと弓矢はちゃんと背中に背負うのもオピント高いといえます。

で、なにをするつもりかというと、郊外にダンジョンを見つけたので、探検してみようという魂胆でした。

よせ!勇気と無謀は違うんだ、げる美…!(ナレーション)

むろん、無謀を勇気とはきちがえているげる美にナレーションが聞こえようはずもありません。
道中の畑で掘ってきたジャガイモを生でむしゃむしゃと食べながら、スーパーに買い物にいくかのような気楽さでダンジョンへ。
マビノギではダンジョンがパーティごとインスタンス、かつ内部も自動生成されるようになっているので、ソロで無謀に突入しても恥ずかしい死体を晒さずに済むのが良いといえます。

さてダンジョンですが、蜘蛛の子がいっぱいいました。
強さもたしかめず切りかかってみると、あんがい弱いではないか。
蜘蛛の巣をぽろぽろ落としていたので、これもしっかり拾っておきます。

てくてく進んでゆくと、「ボスルーム」の鍵を入手。
えっ?ボス?ボスなんていらっしゃるんですか?

げる美が無用心に入り込んだ部屋がまさにボスルームでした。
またもや蜘蛛でした。

手下の蜘蛛もたくさんいて、全部リンクしてきたらイヤだなーと思いつつ、買ってきた弓矢でびしっと射てみますと、チビ蜘蛛一匹だけが反応して向かってきたのは良いものの、弓から剣に持ち帰る操作を間違えて休憩してしまった。
そこへ思いきりスマッシュをかまされて即死。
そりゃ死ぬっつーの。アホかっつーの。

いくばくかの経験値を失い、またもやダンジョンへ赴くげる美。
そしてまたボスルームにたどり着いたものの、またしても操作をミスし(ry

アホか!
このままじゃ永遠にボスが倒せんぞ!

そんな折、こんなシステムテロップが画面上部に流れました。

『新しいギルド「うんこギルド」が設立されました。
ギルドマスターは「流し忘れ」です。』

いかん、うっかり爆笑して力が抜けた。
むしろ笑いが止まらなくて操作ミスをしでかしそうだ。
くそー、流し忘れめ…!!

そこですかさずショボタン(馬)を召喚。
てっきり騎乗するためだけのペットかと思いきや、戦闘させても強いことがわかったからでした。
伊達に有料オプションじゃないってことですね。

そんなわけで、意外にもあっさりボスを撃破。
とどめはショボタンの蹴りだったという。

ボス部屋の奥の宝箱からは、麺棒3本分に相当する報酬がでてきました。
これはいかがなものかと思った。


スポンサーサイト



Google Ad
Created with flickr badge.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。