なぜDL装備とかいうあんまりな代物が必要なのか - スポンサー広告新旧FFXIV
FC2ブログ
information
ゲームネタだけのブログです。
FF14の加工SSや創作話はコチラ
検索フォーム
月別アーカイブ
11  08  02  01  12  11  09  08  07  06  05  03  02  01  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  10  05  09  08  07  01  11  10  09  08  07  06  01  12  11  11  10  07  03  02  11  07  06  05  04  08 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なぜDL装備とかいうあんまりな代物が必要なのか

まだ新生FF14がサービス開始して間もない頃。
とっととメインクエストをクリアしてエンドコンテンツを頑張っている人たちから聞こえてくる「DL装備」とやら。

わたし、なんの根拠もなく「ダウンロード装備」だと思っていました。
だってDLつったらダウンロードの省略だろうがー!(逆切れ)

DLすなわち「ダークライト」の略だと気付いたのは、自分がレヴナントツールに降り立ってから。
それまでは「哲学」と「神話」を貯めるという話を聞いても、概念である「哲学」「神話」をいったいどうやって貯めるんじゃいなどと思っていた。

通貨の名前かよ!!
もっと連想しやすい名前つけろよ開発ー!(逆切れ)

しかも「アラガントームストーン」を「アラガンムーンストーン」だと思い込んでいたという。
それはどうでもいいが、ヒドイのはこれだけではなかった。
同じIDをぐるぐるぐるぐるぐるぐると周回して、やっとこ貯めた哲学と交換でもらえる装備のデザインがこれ。



パシフィック・リムどっかの悪役(四天王の中で一番弱いやつ)じゃないですかー!やだー!
ちなみにヒーラーだとローブの半分が白くなりますが、カウルなので雑魚っぽい感じは変わりません。

相棒のジルカはなんのかんのいっても装備の外見を気にする人なので、この外見と知った瞬間から、「あんなカッコ悪いの絶対着ないし!」と頑なにエンドコンテンツを拒否しておりましたが、その後、真・蛮神戦にはどうしてもロボットになる必要があると納得して、渋々と装備を交換したというわけ。

AIONじゃエンドコンテンツになるにつれ装備が電飾でギラギラとド派手になっていくので、日本人的な感覚だと「ちょ…!派手過ぎてダッセエ!」となるのですが(→派手すぎてダサい装備の例)、せっかくFF14は装備のデザインが渋くて格好良いのに、これはなんたる仕打ちなのか。

はっ!もしかすると、この後のバハムートでもっと格好いいデザインの装備拾えよって意味合いなんですかね!?

ただ風の噂によると、アラガン装備も変なブルマだったり短パンだったりするようなので、本気で開発のセンスが理解できません。ユーザーをエンドコンテンツに駆り立てるのは、他者との差別感と優越感なんだヨ!わかってんのかヨシダアァァァァァァァー!

とはいえ、よくよく考えるとまだサービス開始して半年もたってないんだよね。
いまエンドコンテンツに超絶格好いい装備を出すのは早すぎるという判断なのだろうな。
そうだったらイイナー。

※※※

というわけで、しばらく北ザナラーンでFATE修行に明け暮れて、ようやく念願の蛮族になったー!
うぉー!(ウォークライ)



戦士AFはこの暖かそうな外見と野蛮な感じがいいよねー。
なにかがどうかして先に召喚カンストしちゃいましたが、戦士(斧)はゲームスタート時の職なので感無量であります。

で、オスッテLSのエベルが見せてーというので、さっそく見せびらかしてきた。
そういえばオスッテLSの初の戦士でした。


因縁のTank対決的な

おっと、そういえばこれで全ロールできるようになったんでした。
戦士(Tank)・召喚(DPS)・学者(Healer)で、足りないロールがあればお声がけください。
スポンサーサイト


COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Google Ad
Created with flickr badge.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。