ゲーム内で行列になっていた件 - スポンサー広告新旧FFXIV
FC2ブログ
information
ゲームネタだけのブログです。
FF14の加工SSや創作話はコチラ
検索フォーム
月別アーカイブ
11  08  02  01  12  11  09  08  07  06  05  03  02  01  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  10  05  09  08  07  01  11  10  09  08  07  06  01  12  11  11  10  07  03  02  11  07  06  05  04  08 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゲーム内で行列になっていた件

本日も新生FF14β3のお話です。

クローズドβはいままでフェーズ1~2とやっていて、私はフェーズ2から参加しているわけですが、実際にテストできるのが毎週金曜18:00~日曜18:00まで。テスターはフォーラムにフィードバックやバグレポートを投稿し、開発チームがそれをもとにゲームバランスを調整したり、バグをFIXしたりという流れでやっているのでありました。

フェーズ2が終了して、ほぼ1ヶ月半くらいヤキモキしていたテスターたちですが、製品版の予約受付とともにβ3はじまたー!これで勝つる…!みたいなのが、いままでの流れです。



β3終了後は、β4(オープンβみたい)が短期間実施され、そのときのデータはワイプされずに製品版に持ち越し、みたいな話をどっかで読んだ。
旧FF14のキャラデータは新サーバに移行されるようですが、最初にサーバ引越しもできるもようです。
調べてみたら、私のキモいララフェルはMasamune鯖というところに収容されるらしい。まあ、ほとんど遊んでないので引き継ぐ資産もないんですけどね。

以上、簡単な説明。



ゲームのスタート地点、FFXIは自由に選べましたが、FF14はジョブ縛りです。
だいたいレベル15くらいまでは自国拠点でソロ活動することになるので、最初から友達と遊びたい人は、同じ国の職を選んだほうが良さそう。

β2まではグリダニアしかなかったので、ジョブも槍・弓・幻術だけだったのですが、β3からウルダハとリムサ・ロミンサも解禁されたので、ムサシ氏は剣闘士としてウルダハに爆誕してみた。得意技は猫パンチです。

んでんで。

出身国ごとのミッション、ジョブクエスト、これらが大きな柱となるのですが、ミッションで絶対に通過しなくてはならないインスタンスバトルに人が集中しすぎて、なんか現場がこんな有様に。


なんぞこれー!

どっかの掲示板によると「順番に並んでくださーい!」という自治厨もいたようですが、そもそもこういうボトルネックを調べるためのβテストなんで、負荷かけないでどーするんだと。

このときは「インスタンスなんだから並ぶ必要ねえだろ」と、行列そっちのけで指定ポイントを調べ、さっさとインスタンスバトルを終わらせちゃった空気読まない男ムサシでしたが、後半、重要なクエストの一環でインスタンスダンジョンへ入ろうとするも、NPC無反応でついに入れずという事態が発生してしまったのであった。

なるほど…こりゃ自治厨もわいてしまうわけだ。製品版までにはなんとかしてくださいホント。


ジルカ「でっかい種しょってんのかと思った」 ムサシ「アイロン台だろ」

それはさておき、β3からは旧FF14をともにプレイしたにゃい氏がララフェルで参戦。
アイロン台を背負って頑張ります。

ジルカはほぼ別行動でしたが、ときたま出会ってデカイ亀を一緒に殴ってみたり。


ムサシ「口に手つっこんで秘孔ついたろかコラ!」 ジルカ「手届かないじゃん」

新生FF14は横殴り上等システムなので、クエストで倒すべきMobを他の誰かが殴っていたら、積極的に参戦すべきなのです。(クエストも同時にできちゃう。協力したほうがお互い楽なんです)
世界の潮流は横殴り上等システムのほうなので、FFXIから引っ越してくる人などは最初は面食らうのではないだろうか。

あと初見には面白いのではないかと思うのがFATEシステム。


待てー!俺も殴らせろおー!!

普通のエリアで突然はじまるRaidみたいなもんですが、酒場に入店しようとする酔っ払いをみんなで殴って阻止するようなものもあります。けっこう経験値もらえて美味しいので、見つけたらダッシュで参加すべし。

旧FF14に比べるとチュートリアルも別ゲームのように進化しており、クエストを通じて装備の染色などもできるようになります。


ジルカ「これだ!こういうのがいい」 ムサシ「こんなNPCいるよな。門番とか」

だが、ジルカもムサシも地味目好みであったため、どう見てもNPCみたいになってしまった。
本当にありがとうございました。


にゃい「パンチラ撮影してんの?」 ムサシ「みえんがな」

それにしても店売り装備のカラーリングがひどすぎる。
順番に装備買っていくだけでコレです。正直ガチャガチャです。

暇だったので染色剤を売っている店の前に張り込んで、他の人のカラーリングを見て楽しんだり、



サブリガを履いて自分のサブチラを撮影しようと頑張っていたらβが終了してしまった。
ララフェルが見上げればもっとサブチラを撮影できるのではないだろうか。

だが別にどうでもいい。

で、一番なにがいいたいかというとナナモ様可愛いということです。



来週こそはインスタンスダンジョンとやらに入ってみたい。
入るだけでいいからホント。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

スポンサーサイト


COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Google Ad
Created with flickr badge.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。