【DQX】完結した「夜の神殿」シリーズを今すぐやらねば人生半分損する - スポンサー広告DQX
FC2ブログ
information
ゲームネタだけのブログです。
FF14の加工SSや創作話はコチラ
検索フォーム
月別アーカイブ
11  08  02  01  12  11  09  08  07  06  05  03  02  01  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  10  05  09  08  07  01  11  10  09  08  07  06  01  12  11  11  10  07  03  02  11  07  06  05  04  08 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【DQX】完結した「夜の神殿」シリーズを今すぐやらねば人生半分損する

日々エオルゼア(FF14)で活躍しつつドラテン(DQX)の普及活動にも余念がないヒカセンです。
正直に申し上げて圧倒的に時間が足りません!

さて、久々のドラテン日記ですが、ようやく図書館クエスト(夜の神殿シリーズ 1~3話)が完結して感動がマッハなので、全力でプッシュしていきたいと思います!

ドラテンは手がクリームパンとかいってる場合じゃないぞ…!
おい、おまえら今すぐにプレイしろー!間に合わなくなるぞー!

そもそも図書館クエストとは?



”人々の大切な記憶が本に刻まれて集まってくる「妖精図書館」。
そこに新しく現れた記憶の本は、タイトルが消えていた。

妖精図書館の管理人“ミモリー”は「記憶の本の中に入り、本に刻まれた誰かの大切な記憶を呼び起こせば、本のタイトルを知ることができる」と言う……”




メギストリスの井戸の中から行ける不思議な図書館で受注するクエストの総称です。ここからスタートする物語は「誰かの記憶に入り込み」「誰かとなって」「記憶を追体験する」もの。つまり、アストルティアに生きていた誰かの人生を垣間見る内容となっています。

受注条件は特にないので、ぶっちゃけメギストリスにたどり着きさえすれば体験版でもプレイできますが、これ、メインストーリーに関わる「とある人物」の記憶の話なので、メインストーリーを進めていないと感動が半減するかもしれません。

クエストは謎解きがほとんど。バトルも身につけている特技で頭をひねって倒すタイプのもので、キャラを鍛える要素はありません。パズルゲームをやる感覚で遊べます。

第1話 運命の出会い



ジャイラ密林の奥深くにある遺跡にやってきたトレジャーハンター・リィン。
彼女は自らの出生の秘密を探るという目的をもってやってきたのだが、謎めいた遺跡を探索するうちにひとりの剣士と出会うのだった。

第2話 永遠の約束



ともに遺跡を探索するうちに意気投合するリィンとラウル。
「ここを出たら、ふたりで世界中をまわってお宝ハントをしましょう!」
それは、果たされることのない永遠の約束。

第3話 ふたりの未来

明らかになる遺跡の謎。太陽の民、月の民の戦いの歴史と秘密。
奇跡を起こすという秘宝にリィンが願ったのは…。


メインストーリーをプレイした人なら、第1話の段階でリィンの正体はなんとなくわかります。だからこそ、彼女がどのような経緯でああなったのかというのが非常に気になったし、その結末には胸を打たれました。(あれ反則すぎるやろ…)

で、完結してからジャイラ密林の遺跡に行くと、クエスト中に見た覚えのあるナニかがあり、そこには手帳が落ちています。その中身がこれまた…!





以下ネタバレなので反転してどうぞ。

実は真偽のジャイラ密林でふたりの結末が異なっているようです。
プレイヤーが追体験した歴史は真のほうなんですね。
真アラハギーロ王国の図書館にある「狼王」の本によると、彼は生涯独身を貫き、弟に王位を譲って出奔したと記録が残っています。

(真のジャイラ密林)

”君を探し続けて長い年月が過ぎた。
結局、最後に導かれるようにこの場所へと来てしまったようだ。

二度と会うことのないまま、この地で果てるのは運命なのだろうな。

空には大きな月が浮かんでいる。
あれを見上げるたびにいつも思っていた。
君は、幸せになれただろうか?

君がくれた未来に、君の姿はなかった。
永遠のままの約束が胸を焼いた。それでも…。

俺は君に救われた人生を誇ろう。
俺だけに価値のあるただひとつの光を追い求めた、この一生が…。

…どれほど幸せであったか、君ならわかってくれるだろう。”


(偽のジャイラ密林)

”君と世界中の宝を手に入れる旅に出て、長い年月が経った。
アストルティアをめぐり尽くし、ふたりの名はトレジャーハンターとして世界中に知れ渡った。

だというのに、君はまだ飽き足らない様子で、「次はどんなお宝を手に入れる?」なんて、しわくちゃの顔で微笑んでいる。

きっと、君は知らないだろう。
世界でいちばんの宝は、いつだって俺のとなりで笑っていてくれることを。”


偽のほうにはラウルの亡骸はなく、残されていたのは「アストルティア冒険日誌」という手帳。こ、これは!
せめて偽の世界ではハッピーエンドにしてやろうという魔王マデサゴーラの心遣いか…!?
しかし、あのクエストをプレイしたあとにこんなの読んだらまた泣いてしまうやんけ~!



ドラテンのメインストーリー(Ver.3)はナドラガンドの「闇の領界」が終わったところですが、こちらでも不覚にも泣かされてしまいました。まさかオネショタで泣きポイントがあるとは思わなんだ…。

なんか最近ゲームで泣かされてばかりなんですが、わたしの涙腺確実に緩くなってます。中年だからね仕方ないね。

ともあれ、ドラテンはやらず嫌いが多くて勿体無いないので、オールインワンパックを紹介して結びとしたいと思います。えっ!この値段でVer.1~Ver.3までの大ボリュームを遊べちゃうとか、ちょっとすごくない!?【ステマ】

ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ(ver.1+ver.2+ver.3)[WIndows][ダウンロード]
スクウェア・エニックス (2015-12-03)
売り上げランキング: 113

スポンサーサイト


Google Ad
Created with flickr badge.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。