Life is Strange:女子高生生活をキャッキャして送っているかと思ったら親友を救うために街を壊滅させた話 - スポンサー広告ゲーム日記
FC2ブログ
information
ゲームネタだけのブログです。
FF14の加工SSや創作話はコチラ
検索フォーム
月別アーカイブ
11  08  02  01  12  11  09  08  07  06  05  03  02  01  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  10  05  09  08  07  01  11  10  09  08  07  06  01  12  11  11  10  07  03  02  11  07  06  05  04  08 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Life is Strange:女子高生生活をキャッキャして送っているかと思ったら親友を救うために街を壊滅させた話

LifeをStrangeすると涙腺が崩壊すると聞いてSteamでポチッてしまいました。
PS4版も絶賛発売中であります。

ライフ イズ ストレンジ
スクウェア・エニックス (2016-03-03)
売り上げランキング: 32


Steam(PC)版はこちら
プロローグ(1章)だけだと498円なので、まずこちらを購入してから、2~5章(Life is Strange Seadon Pass 1,680円)を追加で購入することもできます。
基本パックは英語版ですが、日本語キットを無料でダウンロードでき、全編吹き替えで楽しめます。



"Life is Strange"はプレイヤーの選択によって物語の内容が変化するAVGです。

主人公はオレゴン州の田舎町にある高校で写真を学ぶマックス(マクシーン)。
突然、時間を巻き戻す力を手に入れた彼女は、5年ぶりに再会した親友のクロエとともに、女子生徒のレイチェル・アンバーの失踪事件を調べ始めます。



いったいなんちゅうTシャツを着ているんだ

舞台がアメリカだもんで、高校生活といっても日本のそれとはずいぶん違います。
アメドラ好きならするっと入り込めるかもしれません。

物語は常にマックスの視点で進んでいきますが(スローペースなのでここをだるいと感じる人はいるかも)、「時間を巻き戻す」という掟破りの介入方法があるせいで、「先の選択を無かったことにする」「別の展開を試してみる」「ありえない方法でキーアイテムをゲット」することなどができます。

1~4章までは親友クロエを絡めての少し甘酸っぱいわくわく高校ライフを送るだけなんですが、5章でガラリとミステリー色が濃くなる。
正直この頃になるとレイチェル失踪事件の真相とかはわりとどうでも良くなっており、クロエを死の運命からどうやって救うか、街の破滅をどう回避するかに腐心することになるのですが…詳しくは是非やってみて欲しいと思います。



全編を通じてマックスとクロエの友情がたいへんこそばゆく、ふたりで深夜のプールに忍び込んで遊ぶシーンなど心に残るところもありまして、ふたりへの感情移入が半端ない。
だからこそ、クロエの幸せのために彼女の過去を改変したら、その結果として当のクロエから辛い選択を迫られたのには本当にまいった。
「正しい選択」ってなんなんだろうと本気で悩んでしまいました。

ここでちょっと自分自身の体験がフラッシュバックして、実はかなりキツかったです。
自分は10年ほど前に友人を事故で亡くしているんですが、そのきっかけとなったとある選択を変更できたら、彼は死なずに済んだかもしれない、なんて思いました。
結果さえわかっていれば、あのときあんな選択をしなかったのに。

ただ、「死」が運命として訪れるものであれば、どう過去を変えてもそれはつきまとうんですよね。
冒頭、クロエを死の運命から救ったものの、その後もクロエは何度も死の危険に直面します。
それに抗い続けて、マックスは結局、街を滅ぼしてしまいました。

人ひとりを救う代償が街の人すべての命だったと思うと、選択の重さを感じずにいられませんが、それでも親友を見捨てることはできなかった。
エンディングはおおまかに2択だけみたいですが、プレイヤー全体の選択率でみてもここはきっかり二分してるんですね。
この選択肢に正解はありません。けれども自分を含めて半数は街よりも親友の命を選んでるんだよなぁ。

ストーリーは王道のタイムパラドックスもので、別段目新しさはなかったんですが、全体的な作りこみが丁寧で圧巻でした。
物語が変化するたびに自分の日記やSMSでのやりとりもしっかり変わってます。ここは気づきにくいポイント。
ポリゴンが荒いのと、キャラクターがやや無表情なのが気になるところですが、だんだん気にならなくなってくるレベルなので大丈夫です。

心に残る良作だったので、なんかちょっと気になるな~という人は是非プレイしてみてください。
音楽も良いので没入できること間違いなしです。
スポンサーサイト


Google Ad
Created with flickr badge.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。